«  2016年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 日本歯科審美学会常任理事に就任いたしました 【大阪市・中央区・心斎橋の歯医者・歯科なら審美歯科の日野歯科医院】 | メイン | 「ホワイトニング・コーディネーター」って何?。 【大阪市・中央区・心斎橋の歯医者・歯科なら審美歯科の日野歯科医院】 »

2014年7月24日

本年4月の保険改正により、小臼歯に保険でCAD/CAM冠が適応できることになりました。

今まで小臼歯に冠を被せる際、保険が効くのは銀歯か硬質レジンジャケットクラウン(HRJK)という合成樹脂の歯だけでした。
銀歯は金属ですから強度はありますが、小臼歯は微笑むと見える位置にあるため見た目が非常に悪く、HRJKは歯の色に近いので見た目は悪くありませんが、噛むために大切な小臼歯に使うには強度が不足していました。
ところが本年4月から新たに、CAD/CAM冠と呼ばれる白い歯が、小臼歯に限られますが保険で被せられるようになりました。
CAD/CAM冠についてのご説明は後日改めてさせていただきますが、簡単に言うと、歯の模型をスキャンしてパソコン上に歯のデータを取り込み、パソコン上で歯を設計した後、ミリングマシーンという機械を使って金属やレジン(合成樹脂)、セラミックなどのブロックから冠を削り出すものです。
ただ、残念ながら今回保険適応になったのはあくまでもレジン(合成樹脂)のCAD/CAM冠で、セラミックのCAD/CAM冠ではありません。ですから、均質なレジンブロックを削り出すため強度は従来のHRJKより強いものの銀歯にはかないませんし、色が単調になるなど欠点もあります。

ご不明な点はご遠慮なくご相談ください!

cadcam-crown001.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the118.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/749

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日野歯科医院 院長 日野 年澄

日野歯科医院
院長 日野 年澄

〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-13-25
SURE西心斎橋ビル3F
06-6243-3048

【略歴】
昭和60年
大阪大学歯学部歯学科 卒業
昭和60年
大阪大学歯学部補綴学一講座(顎口腔機能再建顎講座)入局
平成02年
大阪大学大学院歯学研究科修了 歯学博士
平成06年まで
大阪大学歯学部補綴学一講座(顎口腔機能再建顎講座)勤務
平成06年
日野歯科医院開設

【現在の役職・所属学会など】
日本歯科審美学会認定医・理事
大阪市南歯科医師会副会長
日本補綴歯科学会
日本歯科審美学会
日本ヘルスケア歯科研究会
JADR
日本歯科用Nd:YAGレーザー学会
日本歯科理工学会
大阪大学歯学会