«  2012年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年1月31日

今、夜中の1時過ぎなので、すでに一昨日のことになりましたが、名古屋の愛知学院大学で日本歯科審美学会セミナーを開催いたしました。

バタバタしていてご報告が遅れました
私が委員長の立場で開催するのは最後のセミナーでしたが、今回も大変多くの方のご参加をいただいて成功裡に終えることができ、感謝感激です

これまでご協力いただいた先生方や、セミナーにご参加いただいた方々に心からお礼申し上げます

当日の様子などはまたお伝えいたしますが、
まずはお礼まで。

2012年1月24日

歯医者にとってノーベルというと・・・実は・・・

日本人化学者、鈴木章氏と根岸英一氏が同時にノーベル賞を受賞されたことは記憶に新しい・・・ってこともないですか

久しぶりに日本ってまだ捨てたもんやないやん
!! と元気と勇気を与えてくれる出来事でしたが


ところで私たち歯医者がノーベルと言われて、まず最初に思い浮かぶのは、実は「ノーベル賞」ではなく、「ノーベル・バイオケア」という会社なんです。

1965年、現在の歯科用インプラントの父、スウェーデンのProfessor P.I. Brånemark (ブローネマルク教授)は、世界で初めて骨と結合するインプラントを歯科臨床に応用しました。
このブローネマルクシステムを開発、世に出した企業が、そう、まさしくノーベル賞のAlfred Nobel氏により設立された企業に由来する、ノーベル・バイオケア社なんです

現在ノーベル・バイオケア社はブローネマルクシステムはもちろんのこと、その進化形のリプレースインプラントや、ノーベルアクティブインプラントなど、先進的なインプラントを開発し、押しも押されもせぬ、歯科インプラントのトップ企業となっています 
 

で、インプラントをしっかり勉強している歯医者なら、「ノーベル」と聞かされると、この「ノーベル・バイオケア」を思い浮かべてしまいます。 

興味のある方は、一度アクセスしてみてください  

http://www.nobelbiocare.co.jp/

2012年1月21日

濱田(旧姓中谷)さんが、ご主人と子供を連れて医院に遊びに来てくれました。

出産直後は育児ノイローゼになりそうでやばいかも

なんて聞いていたので心配していたけど、
すっかりそのトンネルは抜けたみたいですね

明るく、顔色も良くてほんと幸せそう

ご主人はハンサムやし、蓮君はとってもかわいく、
しかもおとなしいめっちゃいい子

スタッフはみんなちょっと嫉妬していましたぞ

それにしてもご主人と蓮君はそっくりじゃアーりませんか

きっとハンサムでモテモテの男になるんでしょうね。
ママきいつけや

蓮君デース
2012年1月15日

ミッション・インポッシブル ”ゴースト・プロトコル” を観ました。

ストーリーは単純明快
何もかもギリギリ
ハラハラドキドキ
何も考える必要なくスカッーと楽しめますよ

それにしてもアラブ首長国連邦ドバイの世界一高いビル、
ブルジュ・ハリファでのアクション・・・
高所恐怖症の私はちゃんと見ることができませんでした

こんな高いビルでアクションできるなんてトム・クルーズってすごい奴やなー
って、変なところで感心してしまいました
2012年1月12日

昨年末、ずいぶんテルマエロマエについて書きましたが・・・

テルマエ・ロマエ
は「ローマの浴場」の意味で、
今、ブームになりつつあるコミックの題名です。

作者はイタリア人の夫を持つ、ヤマザキマリ。

主人公のルシウスは、古代ローマ帝国の浴場設計技師で、
仕事熱心な彼は、浴場のアイディアについて悩み、
その挙句に現代日本の銭湯にワープしてしまいます。

古代ローマと現代日本の風呂を行き来するようになった彼は、
日本の風呂から得たアイデアをローマの風呂の設計や運営に生かし
名声を得ていきます。

「風呂」限定の冒険を描く、いわば爆笑タイムスリップ風呂漫画です。

そんな一見他愛もないコミックに、どうしてはまってしまったのか

月に一度は有馬に行くほどの温泉好きだから
イタリア美術専門家の義妹の感化を受け、古代ローマ好きだから

そんな理由もないわけではありませんが・・・

実はこの漫画に興味を持つようになったきっかけは・・・
そしてこの話題を「おもしろ歯なし」のテーマで取り上げている理由は・・・

そのあたりのことを今年はおいおいご紹介していきたいと思います





2012年1月10日

そして・・・ついにゲットしましたテルマエロマエⅣ特装版

ティンティナブラムです

こんなものを探していたの
そして、これを買ったわけ
嫁さんも、娘もあきれ顔です
 
ティンティナブラムは決して「ティンティンブラブラ」ということではありません。
「小さな鈴をつけた像」の意味で、
古代ローマの魔よけのお守りです。
小さなものはペンダントなどにして身に着けていたそうです。

悪いことから身を守るため、私もこれを大切にしたいと思います

ティンティナブラム
2012年1月 8日

映画「ステキな金縛り」を観ました。

深津絵里演じるダメ弁護士が、妻殺しの容疑で捕まった男の弁護をすることになります。
この男には実はアリバイがありました。
事件の夜、彼は一晩中西田敏行演じる落ち武者の幽霊にのしかかられ、金縛りにあっていたのです。
そしてついに幽霊が証言台に立つことになりましたが、この幽霊が見える人間と、見えない人間がいる。
で、抱腹絶倒のドタバタ法廷コメディーが繰り広げられる・・・というようなストーリーです。

私は結構映画を見に行くのですが、悲しくなったり、怖かったり、悩んだりするのが嫌なので、
パーッとストレスの発散できるコメディーかアクション物限定の映画好きなんです。

で、やっぱり三谷映画は面白いですね
何も考えず、素直に笑い、楽しめます。
ただ、今回は西田敏行の面白さあって映画ですよね。
そういう意味では私的には「THE 有頂天ホテル」や「ザ・マジックアワー」の方が好きかな

アッ、それから皆さんには全く関係ありませんが
この映画の被害者と犯人の名前が日野風子と日野勉です。
何故この苗字なのか、私的には気になります。
誰かおせーて

映画のホームページです。
http://www.sutekina-eiga.com/
2012年1月 5日

 竹田でーす

明けましておめでとうございます
明日から診療開始デース

矯正日をお正月バージョンでお知らせいたします

本年も何卒よろしくお願いいたします







2012年1月 3日

新年最初の大きなイベントは
1月29日(日)開催予定の審美学会セミナーです

セミナー委員長としては最後のセミナーです。
成功裡に終わるよう頑張りますので、どうぞご期待ください

今回のセミナーのテーマは
「審美修復治療を成功させるために
保存、補綴、衛生士、技工士それぞれの立場ですべきこととは」
です。

現代の審美修復を治療をリードする開業医、
六人部慶彦先生にコーディネーターをお願いし、

愛知学院大学教授 千田彰先生
ナグモ歯科赤坂クリニック 田島菜穂子先生
愛知学院大学准教授 冨士谷盛興先生
カスプデンタルサプライ 山田和伸先生
昭和大学教授 真鍋厚史先生

という各界を代表する錚々たる講師の先生方にご講演をいただきます。

会場も愛知学院大学110周年記念講堂という素晴らしいホールをお借りしてのセミナーです。

絶対ソンはありません
歯科医師、衛生士、技工士の方は是非ご参加ください

皆様のお越しをお待ちしております
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jdshinbi.net/pro/documents/20120129seminar.pdf
2012年1月 1日

明けましておめでとうございます

本年も皆様によい歯科医療が提供できるよう努力してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

あけおめ!


« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日野歯科医院 院長 日野 年澄

日野歯科医院
院長 日野 年澄

〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-13-25
SURE西心斎橋ビル3F
06-6243-3048

【略歴】
昭和60年
大阪大学歯学部歯学科 卒業
昭和60年
大阪大学歯学部補綴学一講座(顎口腔機能再建顎講座)入局
平成02年
大阪大学大学院歯学研究科修了 歯学博士
平成06年まで
大阪大学歯学部補綴学一講座(顎口腔機能再建顎講座)勤務
平成06年
日野歯科医院開設

【現在の役職・所属学会など】
日本歯科審美学会認定医・理事
大阪市南歯科医師会副会長
日本補綴歯科学会
日本歯科審美学会
日本ヘルスケア歯科研究会
JADR
日本歯科用Nd:YAGレーザー学会
日本歯科理工学会
大阪大学歯学会