トップへ » 治療について » 症例集 » 精密アタッチメント義歯治療

精密アタッチメント義歯治療

治療前症例
下の左右奥歯がなくて部分入れ歯を入れておられますが、入れ歯の金具(クラスプ)を前歯に引っ掛けているため、見た目が悪いうえにがたついて悩んでおられました。

次へ

治療後症例
前歯の被せの根元が虫歯で悪くなっていたため、セラミッククラウンをやり替えた後、精密アタッチメント義歯を作製しました。
精密アタッチメント義歯は通常の部分入れ歯についている金具(クラスプ)がなく、見た目が良いうえに、入れ歯が非常にしっかりするためよく噛めます。


※アタッチメント義歯はアタッチメントの種類や組み込む数によって費用が変わります。患者さんごとに詳しい設計と見積もりを作製いたしますのでご相談ください。


トップへ » 治療について » 症例集 » 精密アタッチメント義歯治療


PAGE TOP