トップへ » 治療について » 症例集 » 連続した3本の歯がない場合のインプラント治療(2回法インプラント2本+チタンアバットメント+メタルボンドクラウン)

連続した3本の歯がない場合のインプラント治療(2回法インプラント2本+チタンアバットメント+メタルボンドクラウン)

治療前症例
連続した歯を3本以上失うと、通常固定性のブリッジはできません。取り外し式の入れ歯を入れる必要があります。この患者さんは違和感が強くてよく噛めない部分入れ歯に悩んでおられました。

次へ

治療後症例
インプラントを2本埋入し、そのインプラントを土台にした3本の歯からなるセラミックブリッジを入れ、自然でしっかり噛めるようになりました。
入れ歯は大きくなるほど違和感が強くなり、反対に咬む力は弱く、発音もしにくくなります。でも、インプラントにすれば違和感なく、自分の歯のように咬んだり発音したり出来るようになります。


トップへ » 治療について » 症例集 » 連続した3本の歯がない場合のインプラント治療(2回法インプラント2本+チタンアバットメント+メタルボンドクラウン)


PAGE TOP