トップへ » 治療について » 症例集 » 奥歯2本がなく、ブリッジができない場合のインプラント治療 (1回法インプラント2本+チタンアバットメント+ハイブリッドセラミッククラウン)

奥歯2本がなく、ブリッジができない場合のインプラント治療 (1回法インプラント2本+チタンアバットメント+ハイブリッドセラミッククラウン)

治療前症例
欠損した歯の両側に土台になる歯がなければブリッジはできません。この患者さんのように、失った歯の奥に歯がなければ部分入れ歯にせざるをえませんが、この方は入れ歯ではなく、自分の歯のようにしっかり噛めるインプラントを希望されました。

次へ

治療後症例
部分入れ歯は違和感が強く、入れ歯のバネを引っ掛ける歯にも大きな負担がかかり、しっかりと物を咬むことができませんが、この患者さんは2本のインプラントを埋入、て自然でよく咬める歯を取り戻しました。


トップへ » 治療について » 症例集 » 奥歯2本がなく、ブリッジができない場合のインプラント治療 (1回法インプラント2本+チタンアバットメント+ハイブリッドセラミッククラウン)


PAGE TOP