トップへ » 治療について » 症例集 » 前歯1本のインプラント治療(骨造成+2回法インプラント1本+ジルコニアアバットメント+オールセラミッククラウン)

前歯1本のインプラント治療(骨造成+2回法インプラント1本+ジルコニアアバットメント+オールセラミッククラウン)

治療前症例
前歯1本が欠損した患者さんです。
歯のない部分の歯ぐき(骨)が大きくくぼんでおり、このままでインプラントを埋入すると、とても長い歯になるか、インプラントの金属部分が露出することになり、大変見た目が悪くなります。

次へ

治療後症例
くぼんだ欠損部に人工骨を使って骨造成を行い、骨と歯ぐきのボリュームを増やした後、インプラントを埋入しました。
以前は天然歯と見分けのつかないインプラントは無理だと言われていたこの患者さんのようなケースでも、高度な技術を駆使すれば、美しさと機能の両立したインプラントが可能です。


トップへ » 治療について » 症例集 » 前歯1本のインプラント治療(骨造成+2回法インプラント1本+ジルコニアアバットメント+オールセラミッククラウン)


PAGE TOP