トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療 

歯周病治療 

当院の歯周病治療は、歯茎のラインにまでこだわります。見た目も機能も、歯周病になる前の状態を取り戻してこそ、本当の治療だと考えるからです。

歯周病治療

歯周病のおもな原因は、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)と呼ばれる粘着物。そこに多くの細菌が繁殖して、周囲の歯肉に炎症を引き起こすのです。一説によると、日本人の成人の約8割が歯周病にかかっているともいわれています。

初期の歯周病には、これといった症状がありません。そのため気づかないうちに進行し、歯茎の腫れや出血といった症状が出るころには、すでに中期まで達しているのです。さらに悪化して重度になると、歯を支える骨が溶け出し、最悪のケースでは自然に歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病は早期発見が大切
歯周病治療歯周病は初期のうちに治療できれば、それほど大変な病気ではありません。しかし、歯を支える歯槽骨が溶け出すほどに進行してしまうと、大がかりな外科手術が必要になってきます。歯周病はなによりも、早期に発見することが大切なのです。

歯茎の腫れ、歯茎からの出血、歯のぐらつき、口臭といった気になる症状があったら、すぐに診察を受けてみてください。また、歯周病治療が終わってからのメンテナンスも重要です。歯周病の早期発見、治療後のメンテナンスのためにも、定期的に検診を受けることをお薦めします。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療 


PAGE TOP