トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病で失われる歯肉

歯周病で失われる歯肉

歯周病で失われる歯肉歯周病になると歯肉は次第に痩せていき、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなってきます。それだけでなく外見的にも、歯茎のラインが下がってきてしまいます。歯周病が治っても、一度痩せてしまった歯茎のラインはほとんど元には戻りません。

歯茎のラインが下がると、歯が長く見えるようになります。ひどくなると、歯根が見えるまでに歯茎が下がってしまい、そこに飲み物などが浸みる知覚過敏になることも。歯茎が下がると歯が磨きにくくなるので、歯周病が進行しやすくなるという悪循環も起きてきます。

健康な歯茎のラインを取り戻す
痩せてしまった歯肉を自然に取り戻すことは難しいのですが、決して無理ではありません。歯茎の移植といった外科的な措置によって、歯茎の再生させることができるのです。当院では、歯周病にかかる前の健康的な歯茎のラインを取り戻してこそ、本当の意味での歯周病治療だと考えています。

歯茎のラインを整えるのは、見た目の美しさだけの問題ではありません。しっかりとした歯茎を取り戻すことで、歯周病の再発や虫歯の予防になります。だからこそ当院では、歯茎のラインにまでこだわった、本当の意味での歯周病治療を行っていきたいと考えています。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病で失われる歯肉


PAGE TOP