トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 当院の入れ歯治療のポイント

当院の入れ歯治療のポイント

当院では入れ歯治療に絶対的な自信を持っています。最新技術を取り入れた独自の工夫と、経験豊富な熟練ドクターの腕で、患者さま一人ひとりにぴったりと合う入れ歯をご提供します。

シーラ・システム当院の入れ歯治療のポイント
入れ歯を作るには、まず患者さまのお口の型を取り、そこに石膏を流し込んで模型を作ります。次に咬合器と呼ばれる器具に石膏模型を取りつけて、それに合わせて入れ歯を作っていくのです。ところが従来は、咬合器のどの位置に石膏模型を取りつけるのかは歯科技工士の経験と勘に任されていたため、完成した入れ歯がゆがんでしまうといった事態がよく起きていました。

そんな不具合をさけるために生み出されたのがシーラ・システムです。患者さまのお顔の骨格や噛み合わせといった、ポイントになる部分を測定・分析して数値化。そのデータに従って模型を咬合器に取りつけるので、がたつきのない理想的な入れ歯が作れるのです。

シリコン印象材当院の入れ歯治療のポイント
お口の形にぴったりと合う入れ歯を作るには、精密な型をとることが欠かせません。型どりが正確でないと、お口の形に合わなかったり、がたついたりする入れ歯になってしまいます。でも正確な型どりのためには、歯科医師の技術とよい素材が必要になります。

当院では型どりにビニル・シリコン印象材を使用。精密な型採りができるシリコン印象材を使って、熟練の歯科医師が型どりすることで、患者さまのお口にぴったり合った入れ歯が完成します。

機能印象当院の入れ歯治療のポイント
入れ歯は歯茎の上に装着するものです。でも歯茎には弾力があるので、ものを噛むと入れ歯は浮いたり沈んだりします。また、ものを噛んだり言葉を話したりするたびに、舌が動いて入れ歯が揺さぶられます。

長年、合わない入れ歯を使い続けたために顎の骨が痩せてしまい、安定した入れ歯を作ることが難しくなってしまった患者さまがいらっしゃいます。そういう場合、今までの入れ歯や仮の入れ歯で、噛んだり話したりしていただきながら型どりをします。この特殊な型どりの方法を機能印象といいます。

ディグマとゴシックアーチ・トレーシング当院の入れ歯治療のポイント
長年、合わない入れ歯を使い続けていると、顎の骨や関節が変形してしまい、噛み合わせがおかしくなってしまうことがあります。そのままの状態で入れ歯を作ってしまうと、さらなる変形を引き起こすことになりかねません。そういった患者さまの場合、顎を正しい噛み合わせの位置に戻すことから始めます。

ディグマと呼ばれるデジタル解析装置で、噛み合わせの良否を判定。さらに顎の水平的位置や動きを判定することのできるゴシックアーチ・トレーシングを使って、顎の位置を修正します。無理をせずにものを噛めるようにしてから、入れ歯を作っていきます。


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 当院の入れ歯治療のポイント


PAGE TOP