トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » 一般歯科・無痛治療 

一般歯科・無痛治療 

患者さまにとっての最善を考えて、できるだけ抜かない治療・痛みの少ない治療を心がけています。

一般歯科

生まれ持った天然の歯は、なくしてしまったら二度とは取り戻せないもの。治療とはいえ、その大切な歯を削るために痛みまで感じるのでは、患者さまの負担は量りしれません。だからこそ当院では、できるだけ削らない・抜かない治療、痛みの少ない治療を心がけています。

できるだけ抜かない治療とはいっても、なにがなんでも歯を残すということではありません。長期的に見た場合、歯を残すことでお口の中の状態が悪くなるようであれば、抜歯のご提案をするのも歯科医師の仕事。患者さまにとって最善の結果となるような治療を提供していきたいと思っています。

痛みの少ない治療
歯の治療では痛みを抑えるために麻酔を使いますが、「麻酔注射そのものが痛い」とおっしゃる型も少なくありません。当院では麻酔注射をうつ前に、歯茎の表面に麻酔薬を塗って表層麻酔を行います。薬が十分に効いたことを確認してから、注射するようにしています。

また、麻酔時の痛みを少なくするためには、使う針の太さもポイントになってきます。麻酔注射には、痛みを感じにくい細い針を使用します。また、自動注射器を使って麻酔薬をゆっくりと注入することで、不快感を和らげています。


トップへ » 治療について » 一般歯科・無痛治療 » 一般歯科・無痛治療 


PAGE TOP