トップへ » 治療について

当院が審美歯科治療に絶対的自信を持つ5つの理由

大阪大学で長年にわたり審美治療を研究。審美歯科材料についても熟知しています。
当院の院長は大阪大学で長年にわたり審美歯科治療の臨床と研究に携わり、論文も多数発表しています。世間では、誤った治療や不適切な材料の選択で不幸な結果に終わっている治療も多い中、当院ではそれぞれの患者さんに最も適した治療方法と材料を提供することができます。
お口の中のバランスをデータ化

日本歯科審美学会認定医で理事も務めています。
審美歯科の専門学会、日本歯科審美学会には平成26年2月現在約2600名の歯科医師が所属し、日々最先端の歯科審美について研鑽を積んでおります。その中で学会がその資格ありと認定した日本歯科審美学会認定医は120名あまりにすぎません。院長はその一人として認定を受けております。さらに理事を拝命し、日本の審美歯科を牽引する立場として邁進しております。「審美歯科」をうたっている歯科医院は数多くありますが、学会に所属し、専門的な知識や技術を身に着けている歯科医師は実は非常に少ないというのが事実です。
日本歯科審美学会認定医で理事も務めています

精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています。
審美治療は単に歯を美しく見せるだけでなく、よいかみ合わせで健康な食生活を送ることのできる、いわゆる健康美も獲得できるものでなくてはいけません。この見た目の美しさと機能美を両立させるために、当院ではメディアン・コ・アライメント・テクニックを考案しました。これを学会や講演会で発表し、賞賛いただいております。
精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています

専門家が総合的にアプローチ
当院の院長は、大阪大学で長年、審美やインプラントの研究に関わってきました。副院長は、噛み合わせや顎関節症をおもに研究してきた専門家です。さらに弟先生は矯正専門医で矯正学的立場から美しい歯並びのアドバイスをします。このように当院のスタッフ全員が力を合わせて総合的にアプローチすることで、患者さまに最先端の審美歯科治療を提供しています。
専門家が総合的にアプローチ

日本トップクラスの歯科技工士と連携
審美治療に使われる詰め物や被せ物を作るのは歯科技工士です。歯科医師がどんなに高い技術と豊富な知識を持っていても、歯科技工士との連携がうまくいかなかったら、見た目の美しさと機能を兼ね備えた歯は作れません。当院では世界的にも名を知られた日本トップクラスの歯科技工士と連携、優れた修復物を提供しています。
日本トップクラスの歯科技工士と連携日本トップクラスの歯科技工士と連携

当院の審美歯科・5つの特徴


人間の顔の中でも、口元は意外に目立つもの。美しい歯は、お顔全体の印象を生き生きと明るく見せてくれます。そんな美しい歯の状態を、最新技術を駆使して作り出すのが審美歯科です。
お口を開けたときに目立つ奥歯の金歯や銀歯、変色してしまった歯を、天然の歯とほぼ変わらない白く美しい外見にすることができます。また、すきっ歯や乱ぐい歯といった歯列の乱れも、矯正治療のように長い時間をかけることなく整えられます。

1.  大阪大学で長年にわたり審美治療を研究。審美歯科材料についても熟知しています。
当院の院長は大阪大学で長年にわたり審美歯科治療の臨床と研究に携わり、論文も多数発表しています。世間では、誤った治療や不適切な材料の選択で不幸な結果に終わっている治療も多い中、当院ではそれぞれの患者さんに最も適した治療方法と材料を提供することができます。
お口の中のバランスをデータ化

2.  日本歯科審美学会認定医で理事も務めています。
審美歯科の専門学会、日本歯科審美学会には平成26年2月現在約2600名の歯科医師が所属し、日々最先端の歯科審美について研鑽を積んでおります。その中で学会がその資格ありと認定した日本歯科審美学会認定医は120名あまりにすぎません。院長はその一人として認定を受けております。さらに理事を拝命し、日本の審美歯科を牽引する立場として邁進しております。「審美歯科」をうたっている歯科医院は数多くありますが、学会に所属し、専門的な知識や技術を身に着けている歯科医師は実は非常に少ないというのが事実です。
日本歯科審美学会認定医で理事も務めています

3.  精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています。
審美治療は単に歯を美しく見せるだけでなく、よいかみ合わせで健康な食生活を送ることのできる、いわゆる健康美も獲得できるものでなくてはいけません。この見た目の美しさと機能美を両立させるために、当院ではメディアン・コ・アライメント・テクニックを考案しました。これを学会や講演会で発表し、賞賛いただいております。
精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています精緻な審美歯科治療を実現できる当院のメディアン・コ・アライメント・テクニックが各方面で注目されています

4.  専門家が総合的にアプローチ
当院の院長は、大阪大学で長年、審美やインプラントの研究に関わってきました。副院長は、噛み合わせや顎関節症をおもに研究してきた専門家です。さらに弟先生は矯正専門医で矯正学的立場から美しい歯並びのアドバイスをします。このように当院のスタッフ全員が力を合わせて総合的にアプローチすることで、患者さまに最先端の審美歯科治療を提供しています。
専門家が総合的にアプローチ

5.  日本トップクラスの歯科技工士と連携
審美治療に使われる詰め物や被せ物を作るのは歯科技工士です。歯科医師がどんなに高い技術と豊富な知識を持っていても、歯科技工士との連携がうまくいかなかったら、見た目の美しさと機能を兼ね備えた歯は作れません。当院では世界的にも名を知られた日本トップクラスの歯科技工士と連携、優れた修復物を提供しています。
日本トップクラスの歯科技工士と連携日本トップクラスの歯科技工士と連携


トップへ » 治療について


PAGE TOP