トップへ » 治療について » 予防歯科

予防歯科 

虫歯や歯周病にならないための予防治療として、PMTC、3DS、唾液検査などを行っています。

予防歯科

お口の中の健康を保つために、もっとも必要なことはなんでしょうか。病気や不具合を早く発見して治すこともそうですが、なによりも大切なのは予防です。まず、虫歯や歯周病にならないように予防するのが一番です。

せっかく虫歯や歯周病を治療しても、その後のお手入れが行き届かなければ、またすぐ病気になってしまいます。そのためにも、予防をしっかり行うことが大切なのです。

予防のための治療

当医院では予防歯科治療として、PMTC、3DSなどの最新の予防処理、唾液検査などを取り入れています。また、当院で治療を受けた患者さまには、治療が終わった後も4ヶ月に一度のメンテナンスをお薦めしています。一般的なメンテナンスでは歯垢や歯石をとるスケーリングまでしか行いませんが、当院ではPMTCまでを含めてメンテナンスであると考えています。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaningu)PMTC
PMTCとは、専用の機器を使ったプロの手によるお口の中のクリーニングのことを言います。当院では予防歯科治療のひとつとして、歯科衛生士によるPMTCを保険内で行っています。PMTCに使われる機器は、ゴムなどの柔らかい素材でできているので、痛みなどを感じることはありません。

3DS(Dental Drug Delivery System)
マウスピースを使ってお口の中に抗菌剤を行き渡らせる治療が3DS。PMTCの後も残っている虫歯菌を除菌し、虫歯を予防します。3DSは歯周病の治療にも有効です。

唾液検査唾液検査
唾液には、口の中の汚れを洗い流す「洗浄作用」、細菌からお口の中を保護する「抗菌作用」、歯の再石灰化の促進など、さまざまな機能があります。ただ、それぞれの機能がどのくらい働いているかは、人によってさまざま。そのため、「サリパテスト(唾液検査)」を行って唾液の機能を調べています。

サリパテストで唾液の特徴が解ると、虫歯や歯周病になるリスクも判明します。その結果に合わせた予防措置がとれるのです。サリパテストは短時間で済み、痛みなどを感じることはありません。


トップへ » 治療について » 予防歯科


PAGE TOP