トップへ » 治療について » 矯正歯科

矯正歯科 


最近は成人してから矯正を受ける患者さまも増えています。当院では目立たない矯正装置で、見た目の美しさだけでなく噛み合わせまでを考えた矯正治療を行っています。

一般歯科

「矯正治療なんて、子供がするものだ」と思ってはいませんか。じつは成人していても、歯並びの乱れが気になっている方は数多くいらっしゃいます。年齢が上がるほど歯が動きにくくなるという問題はありますが、大人であっても矯正治療はできるのです。

歯並びが乱れていると見た目が悪いというだけでなく、噛み合わせも悪くなるので食べ物がしっかり噛めない、言葉が不明瞭になるといった影響があります。場合によっては、頭痛や肩こりの原因になっていることも。そういった問題から、就職や結婚などの人生の境目に矯正を始める成人の方も増えてきています。

目立たない矯正装置目立たない矯正装置
成人矯正の場合、なによりも気になるのが矯正中の外見です。でも最近では、白いセラミック製の矯正装置が主流になってきているので、あまり目立ちません。

また、歯の裏側に装置を取りつけて行う舌側矯正もあります。表側に装置をつけた場合よりも治療期間は長くなってしまいますが、外からは装置がまったく見えません。患者さまのご希望に合わせて治療を行いますので、まずは一度ご相談ください。

当院の矯正治療のポイント


矯正治療には技術と経験が必要なため、日本矯正歯科学会では認定医制度を設けています。当院では、日本矯正歯科学会から認定された矯正専門医と提携を行っています

矯正専門医は、歯を動かして歯並びを整えるプロ。しかし、噛み合わせなどほかの要素についても、高度な知識を持っているとは限りません。そのため「矯正をしたら頭痛や肩こりがひどくなった」「顎関節症になった」といった問題が出てくることも。

当院の院長は、大阪大学で長年にわたって審美歯科を研究してきました。また副院長は、噛み合わせや顎関節症を研究してきた専門家。その2人が矯正専門医と連携をとってチームで治療に当たることで、見た目も美しく機能的にも優れた歯並びを実現しています。

治療後のメンテナンスまでフォロー
矯正治療中は、歯と矯正装置の間に汚れが溜まって、虫歯になりやすくなります。せっかく歯並びが美しくなっても、虫歯になってしまったら台無しです。そのため当院では、矯正治療中の口腔ケアにも力を入れています。

また矯正治療後も、美しくなったお口の中の状態を長く保つためにはケアが欠かせません。矯正治療後のメンテナンスも兼ねて、定期検診を受けることをお薦めしています。


トップへ » 治療について » 矯正歯科


PAGE TOP