トップへ » 当院が選ばれる5つの理由 » 痛くない・削らない治療

麻酔の痛みを軽減。痛みの少ないレーザー治療も行います。

患者さまの負担をできるだけ軽減するため、痛みの少ない治療、天然の歯を少しでも多く残す治療を心がけています。そのため歯科用レーザーを導入しています。

痛みの少ない治療

虫歯の治療では、虫歯菌の出す酸で溶かされてしまった部分を削って治療します。でも天然の歯は、二度と生えてこない大切なもの。治療とはいえ削ってしまえば、それだけ少なくなってしまうのです。

また、治療時の痛みは大人であっても嫌なもの。大切な歯が削られていくときに、さらに痛みまで感じるのでは、「歯医者が苦手」という人が増えて当然です。当院では患者さまの負担や不快感が少しでも減らせるよう、痛みの少ない治療、できるだけ削らない治療を心がけています。

麻酔時の痛みの軽減
治療のときに感じる痛みのひとつとして、麻酔注射があります。その痛みを軽減するため、麻酔注射を打つ前には歯茎の表面に麻酔薬を塗って表層麻酔を行います。薬が十分に効いたことを確認してから、注射を打っています。

麻酔注射も、痛みを感じにくい細い針を使用します。また、麻酔薬を注入するときには、お口の中に不自然な力がかかるような不快感があるもの。それを避けるため、自動注射器を使って麻酔薬をゆっくりと注入しています。

レーザーで痛みの少ない・削らない治療を実現

レーザーで痛みの少ない・削らない治療できるだけ削らない・痛みの少ない治療の一環として、当院が導入したのが歯科用レーザー治療機器。ごく初期の虫歯であれば、レーザーで歯を削ることなく治療できます。また、レーザー治療なら痛みもありません。

あらゆる治療にレーザーが活躍
歯科用レーザーには、お口の中にいる細菌を殺菌する、炎症や出血を抑える、照射した部分を麻痺させて痛みを取るなどさまざまな効果があります。従来の治療と併用することで、治療期間が短くなることも。レーザーを使ってどんな治療ができるのか、そのごく一部をご紹介します。

●虫歯予防
フッ素塗布した歯にレーザーを照射して熱を加えることで、歯の耐酸性が高まります。

●メラニン除去
色素が沈着して黒ずんでしまった歯茎に、レーザー照射を数回行うことで、健康的な歯茎の色が取り戻せます。

●歯周病治療
レーザーには殺菌効果や出血を抑えて傷の治りを早める効果があるので、従来の治療法と併用することで治療期間を短縮できます。

●知覚過敏症治療
知覚過敏症とは、歯茎が下がって歯の根が露出し、飲み物などが歯にしみるようになってしまった状態のこと。症状が軽ければ、レーザーですぐに痛みをとることができます。

●顎関節症の治療
顎関節症では、口が開きにくい、口を動かすたびに顎関節で音がする、顎が痛むといった症状があります。顎関節の周囲にレーザー照射することで、痛みなどの症状を軽減させることができます。

●口内炎の治療
口内炎にレーザーを照射することで、原因となっている菌を殺菌し、痛みをなくすことができます。


トップへ » 当院が選ばれる5つの理由 » 痛くない・削らない治療


PAGE TOP