トップへ » 当院独自の審美治療 » メディアン・コ・アライメント・テクニック » 「本当にいいものを、丁寧に」提供したい

「本当にいいものを、丁寧に」提供したい

本来の歯科治療とは、食べ物がきちんと噛めること。お口元の見た目が美しいことの両方を叶えるものだと考えています。それを実現させるために生み出した当院独自の治療法が「メディアン・コ・アライメント・テクニック」です。

メディアン・コ・アライメント・テクニック

歯科医院での治療とは、歯や歯茎の悪い部分を治し、痛みや不快感が起きないようにすること。ほとんどの方はそう考えていると思います。しかし、それは本当の意味での治療といえるのでしょうか。

治療をしてみたものの、歯が歪んで見える、歯茎が変色してしまったというケースは、意外に多く起こるものです。いくら悪い部分が治っても、「口元が気になって、口を大きく開けられない」というのでは、せっかく治療した意味がありません。また逆に、「見た目はきれいだけど、しっかりと噛めない」といったお悩みもよく耳にします。

「審美」と「機能」の両立
見た目の美しさと噛み合わせの良さを両立させたい。そんな思いから、当院では独自の新治療法「メディアン・コ・アライメント・テクニック(Median Co-Alignment Technique)」を開発しました。メディアン・コ・アライメント・テクニックなら、審美と機能が調和した理想的な治療結果が得られるのです。

メディアン・コ・アライメント・テクニックでは、従来の治療方法とは治療ステップが少し変わってきます。ただ、そのために治療費が高くなったり、患者さまの身体的な負担が増すわけではありません。だからこそ、メディアン・コ・アライメント・テクニックは患者さまにとってもベストな治療法であると確信しています。
 


トップへ » 当院独自の審美治療 » メディアン・コ・アライメント・テクニック » 「本当にいいものを、丁寧に」提供したい


PAGE TOP