トップへ » 当院独自の審美治療 » メディアン・コ・アライメント・テクニック » 「美しさ」と「機能」の両立を実現するテクニック

「美しさ」と「機能」の両立を実現するテクニック

テクニック歯の治療をするときに使われる詰め物や被せ物は、どのように作られているかご存知ですか? まず患者さまのお口の型を取り、その型に石膏を流し込んで模型を作ります。その模型を咬合器と呼ばれる器具に取り付け、それに合わせて歯科技工士が詰め物や被せ物などの修復物を作っていくのです。

歯科技工士は、患者さまのお口の状態を見ながら作業できるわけではありません。本来なら歯科医師が、修復物を作るためのポイントとなる、患者さまのさまざまな情報を歯科技工士に伝える必要があります。しかし、その情報を正確に伝えることは非常に難しく手間がかかるため、多くの場合は不正確にしか伝わっていないのが現実です。

お口の中のバランスをデータ化
不正確な情報しか伝わっていないなかで、ほとんどの歯科技工士は経験と勘に従って修復物を作っています。これでは良い修復物ができるわけがありません。機能と見た目の美しさを兼ね備えた修復物を作るためには、噛み合わせなどの情報をすべて数値化して、間違いのない形で伝える必要があるのです。

お口の中のバランスをデータ化

よい修復物を作るためにもっとも重要になるポイントは噛み合わせ。もっと正確にいうと、頭蓋骨の正中矢状面と、それに直交する咬合平面と呼ばれる水平面です。石膏模型を咬合器に取りつけるときにそのデータがあると、歯科技工士が患者さまのお口の中のバランスを知ることができるので、理想的な修復物が作れるのです。

当院が独自に開発したメディアン・コ・アライメント・テクニックでは、患者さまの噛み合わせについての情報を正確に計測して数値化。その情報に従って、歯科技工士が修復物を作っていきます。だからこそ、見た目の美しさと機能を兼ね備えた修復物ができるのです。
 


トップへ » 当院独自の審美治療 » メディアン・コ・アライメント・テクニック » 「美しさ」と「機能」の両立を実現するテクニック


PAGE TOP